Journal ブログ

Works

関内ハイカランド

横浜市にある関内まちづくり振興会様から「飲食店街に活気を取り戻したい!」というご依頼を受けました。関内はどちらかというとビジネス街。これまでは多くのサラリーマンで賑わっていましたが、コロナ禍で商店街を行き交う人の数がめっきり減り、なんとかしなければ!と危機感が募ったそうで、その打開策を一緒に考えることになりました。

●企画/イベント・PR企画
●撮影/飲食店撮影
●グラフィックデザイン/スタンプデザイン・スタンプラリー冊子
●インフルエンサー施策

街の魅力を再発見していく

人の流れを呼び込むためには、まずその場所の魅力を見つけなければいけません。「関内」という場所は、横浜で有名なみなとみらいや馬車道から徒歩で行ける距離。ビジネス街とはいえ、通りには瀟洒な洋館やセンスのある飲食店が軒を連ねています。実際に足を運んでみて「ハイカラ」な街だなぁとワクワクしました。

「奥渋」が着想の源泉。

その時、ふと頭を過ったのが「奥渋」。昔は見向きもされなかった渋谷の奥の細かい路地に、実は名店がたくさんある!とフューチャーされた時がありました。そのように、関内エリアも『実は知る人ぞ知る、いいお店がある隠れた地域なんだよ』というブランディングが出来たら面白いなと思いました。そこでコンセプトは『関内ハイカランド』になりました。

メインの企画は、可愛いMAPを片手にめぐるスタンプラリーイベント。当時は、鬼滅の刃というアニメが大流行しており、レトロな大正ロマンを感じるテイストを目指すことになりました。

思わず集めたくなるデザインを目指して。

関内に位置する5つの飲食店が協力してくれることになり、そのそれぞれの店舗をイメージしたスタンプを制作させていただきました。

実際に店舗にお邪魔させていただき、スナップ写真も撮影させていただきました。

思わず街を巡りたくなる!レトロかわいいスタンプラリー

スタンプを押す部分はもちろん、街巡りの時に訪れたくなるよう、レトロな建物やちょっとした映えスポットなどを可愛くあしらいました。

インフルエンサーPRも実施

スタンプラリーにはインフルエンサーの方にもご協力いただき、実際に街巡りをやってもらってPRに協力していただきました。またインフルエンサーの方以外の一般の方もスタンプラリーに挑戦していただき相乗効果が生み出されました。

実際にスタンプラリーに参加!

デザイン制作に関わったメンバーで一緒にスタンプラリーを巡ってみました。ちょうど桜が咲いている季節でとてもいい時間が過ごせました。
制作に関わるまであまり行ったことがなかった「関内」ですが、横浜や桜木町、赤レンガ倉庫などとも近い場所にあり、素敵なお店や建物がたくさんありました。
ぜひみなさんも足を運んでみてください!

資料請求してみる

資料にはその他詳しい実績やメニュー、価格表を掲載しております。